渋滞の解消はカーシェアリングが鍵になると思います

都心では、慢性的な渋滞に悩まされています。高速道路と言っても高速で走る事が出来ず、一般道路の方が速く走れる場合もあります。ですから道路を新設して、渋滞を緩和しようとしています。しかし道路を増やす事も大切ですが、それではコストがかかり過ぎて道路の使用料金の値上げにつながる恐れもあると思います。

これと同時進行で、カーシェアリングを普及させていく必要があると思います。カーシェリングならば、少ない車の数で無駄なく自動車を融通し合えますから、渋滞緩和につながる事になるのです。

個人がそれぞれ自動車を所有すると、自動車を使わない時間が多くなり、自動車を有効利用できないのです。カーシェアリングならば、自分が使いたい時にだけ自動車を使えますから、自動車が遊んでいる時間が短くなり、効率良く自動車を使うことが出来ると思います。都心に集中しすぎた自動車を減らして行くには、カーシェアリングを普及させる事が、最もコストがかからず効果的だと思われます。